トラディショナルアーユルヴェーダ基礎連続講座

Pocket

トラディショナルアーユルヴェーダ基礎連続講座
〜サンスクリット語から学ぶアーユルヴェーダの基礎〜

2017年4月29日(土)~5月1日(月)
春の集中3日間特別クラス 開催決定

サンスクリット語から学ぶアーユルヴェーダの基礎

アーユルヴェーダを本格的に学ぶのには古典学習が必須とされます。
古典書はすべてサンスクリット語で書かれていること、
独特の形式で書かれているため独学での学習は不可能とされています。

本基礎講座は、今後古典書学習へ進む際に
必要な土台を作るために役立てていただくことができるよう、
頻出するサンスクリット語や、アーユルヴェーダ基礎理論のエッセンス
を解りやすく解説したレクチャーとワークで構成しています。


知識を体感に落とし込み、しっかりと学んでいただくことができます。

また、本講座の特徴として、
サンスクリット語へ親しみながらアーユルヴェーダ基礎理論を学んでいきます。

難解と思われがちなカタカナ表記の用語をサンスクリット語から解説し、
一つ一つの言葉が持つ深みと意味を理解していただくことができます。

※4月からはデーヴァナーガリー文字の読み書きも合わせて学習していきます。
3日間で母音と子音の読み書きもマスターしましょう。


サンスクリット語から学ぶアーユルヴェーダの基礎

なんとなく理解したつもりのドーシャという言葉、プラクリティという言葉。

もし学んでいく中でボンヤリした捉え方しかできていないようであれば、
サンスクリット語の持つ意味をしっかり捉えてみると理解が深まり、
また視野が広がるかもしれません。

<ご受講生の声>

・アーユルヴェーダの基礎理論について、
アーユルヴェーダの背景を含めて教えていただき、かなり明白になりました。


・少人数制なので、わからないことをその場で質問をすることができ、
中身がとても濃い講座でした。


・理論と実践のバランスがよく、アーユルヴェーダを生活に活かすことが
即できるようになったことがとても嬉しいです。


・最初はなにもわからなかった私ですが、基礎講座を受けて、
もっともっとアーユルヴェーダのことを知りたくなりました。​


・必死に勉強した感覚はありませんが、終わってみたら普通にサンスクリットの用語を使っている自分に驚いています。

この先の学びへもモチベーションが高まりました!


本基礎講座はアーユルヴェーダの基本をしっかり学んでみたい、
現在の仕事や生活に活かせるエッセンスを学びたい
という方々にも最適です。


本講座は各レベル連続受講が基本となります。

また、本講座は当スクールの標準講座となり、本講座修了後には受講生の個別のニーズに合わせ、「セラピストトレーニング「アーユルヴェーダアナトミー(解剖生理学)」アーユルヴェーダカウンセリング」などの専門的な学びを継続していただくことが可能です。 これらの講座は受講希望者と相談しながら開催を決定します。
 

講座概要

【レベル1】

目的 アーユルヴェーダの輪郭を正確にとらえましょう。
学ぶ主な用語 タンマートラ、パンチャマハブータ(アーカシャ、ヴァーユ、アグニ、ジャラ、プリティヴィ)ドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カファ)、プルシャ、プラクリティ、チッタ、ブッディ、アハンカーラ、マナス、インドリヤ(ニャーナ・カルマ)、ダートゥ、アグニ、マラ、他
内容

①理論:アーユルヴェーダの歴史と伝統   
 ワーク:ダンワンタリシュローカ・ラサーヤナドリンク作り

②理論:哲学〜生命観と宇宙観 
 ワーク:5大元素を表現し理解する

③理論:トリドーシャ概論
 ワーク:呼吸を通じてトリドーシャを感じる

④理論:ダートゥ、アグニ、マラ概論
 ワーク:滋養の為のアーユルヴェーダスープ、アグニブーストホームレメディ作り

⑤理論:思考、感情、記憶、心について
 ワーク:セルフアビヤンガ(頭、耳、足)

⑥理論:プラクリティ(体質)概論
 ワーク:体質チェック・体質別ハーブティー作り

【レベル2】

目的 レベル1でアーユルヴェーダの輪郭をとらえた後、アーユルヴェーダの実践への土台を固めていきましょう。
(レベル1を修了した方が対象)
学ぶ主な用語 アーハーラ、ラサ(マドゥラ、アムラ、ラヴァナ、カトゥ、ティクタ、カシャーヤ)シータ、ウシュナ、スニグダ、ルークシャ、グル、ラグー、ムフルタ、スネーハ、スゥエーダ、ヴィヤヤーマ、リトゥ、スロータス、コシュタ、アーマ等
内容

①理論:アーハーラ(食事)概論
 ワーク:アーユルヴェーダ料理の6味を味わう

②理論:ディナチャリヤ(日中の養生法)
 ワーク:感覚器官へのオイリング、舌掃除、オイルうがい実践

③リトゥチャリヤ(季節の養生法)
 ワーク:日本の伝統食や習慣とリトゥチャリヤへの考察

④アーユルヴェーダトリートメント概論 
 ワーク:セラピストによるアビヤンガ、ハーブボール体験

 

開講詳細

開講日

new!!
 【2017年春の集中3日間特別クラス 】(定員4名)

2017年4月29日(土)〜5月1日(月) (ランチ付き)

2017年4月29日(土)
09:30~09:50 自己紹介〜集中クラス説明
10:00~11:30 レベル1①
11:45~13:15 レベル1②
ランチ休憩
14:00~15:30 レベル1③
チャイタイム
16:00~17:30レベル1④

4月30日(日)
09:30~09:50 振り返り
10:00~11:30 レベル1⑤
11:45~13:15 レベル1⑥
ランチ休憩
14:00~15:30 レベル2 ①
チャイタイム
16:00~17:30レベル2 ②

5月1日(月)
09:30~09:50 振り返り
10:00~11:30 レベル2 ③
11:45~13:15 レベル2 ④
ランチ休憩
14:00~15:30 レベル2 ④
チャイタイム
16:00~17:30 総復習 修了式


※プライベート開講、出張開講も可能です。
ご希望にあわせて開講いたします。
詳しくはお問い合わせください。

場所 Traditional Ayurveda Japan トラディショナルアーユルヴェーダジャパン OPEN LAB. 
神奈川県藤沢市藤沢(小田急線藤沢本町駅徒歩4分)
0466-37-3307

※お申し込みの方に住所、地図をお知らせいたします。
 
講師
アーユルヴェーダ実践者育成講座
田島 恭子 Kyoko Tajima
Traditional Ayurveda Japan代表
インド政府機関BSS認定パンチャカルマセラピスト

北里大学看護学部看護学科3年で中退後、真のヒューマンケアを求め渡米。 西洋医学の現場に求めていた理想を見つける事が出来ず帰国。
その後、約15年に渡り音楽業界に身を置くが、オーバーワークにより不調をきたしたことをきっかけに、ヨーガ、マクロビオティック、自然農法などに出会い自然との調和のなかに生きることを決意。 リラクセーション整体、リフレクソロジー、レイキなどを習得後、アーユルヴェーダと運命的に出会い、古代から伝わるホリステックな自然医学に長年の理想を見いだす。
2007年、南インド・ケララでの研修を経て、神奈川県藤沢市にアーユルヴェーダ専門サロンをオープン。アーユルヴェーダホスピタルと提携した本格的なトリートメント施術に加え、日常使いのアーユルヴェーダ的アドバイスが人気となり、2ヶ月先まで予約の取れないサロンとして知られるようになる。カルチャースクールや企業などでも各種入門セミナーをおこなう。
現在では伝統的なインドの叡智、アーユルヴェーダから現代日本人に必要なことを伝えるべく、アーユルヴェーダセラピスト、指導者育成に力をいれている。
受講料

【レベル1】 68,000円  再受講:19,440円
【レベル2】 43,200円  再受講:19,440円

レベル1+2同時申し込みの場合:111,200円→100,080円  再受講:38,880円

【2017年春の集中3日間特別クラス】(定員4名)75,600円    再受講:38,880円

※カード決済(手数料別途3.6%)可能です。

その他 *振替受講は同期内は無料で行えますが、次期以降での振替は再受講扱いとなります。
*やむおえず欠席する場合、資料はそのままお渡し、また代理人の受講を認めます。
*他校でレベル1同等の内容を学ばれ、すべての用語が理解できている方であればレベル2のみご受講いただくこともできます。詳しくはご相談ください。
*再受講対象者:インテンシブファンダメンタルコース受講者、ホリスティックセラピー基礎講座受講者

【キャンセルポリシー】
お申込み後のキャンセルはお早めにお願いします。
開講1ヶ月前までは返金手数料として3,000円を除き残金をご返金いたします。

開講日1ヶ月前からキャンセル料が発生いたします。
開講日30日前 50%
開講日10日前 70%
開講日2日前から100%
プラス振り込み手数料を申し受けます。


お振込にかかる手数料はご負担頂けますようお願いいたします。
お振込控えをもって領収書とかえさせて頂きますのでご了承ください。

お申込

お名前:

フリガナ:

性別:
 男性 女性

メールアドレス:

電話番号:

郵便番号:

ご住所:

その他ご要望事項等:

Pocket