Pocket

配信日時:2013/06/27 08:00

 

おはようございます。 



Traditional Ayurveda Japan 田島です。 



暦の上では夏至を迎えましたが、 



本格的な夏はまだもう少し先のようですね。 





ここのところの不安定な天候の影響で、 



体調を崩される方がとても多いようです。 



スクールの生徒さんやサロンのお客様からも 



「風邪ひきました」 



メール&コールが止まりません。。 





10日程前、我が家の子供達も立て続けに風邪をひき 



喉の痛みを訴えたあとに発熱しました。 





アーユルヴェーダ的には、 



風邪はヴァータとカファの乱れによってもたらされると考え 



両者に共通する「冷」をまず改善していきます。 





風邪の最良のハーブは、ジンジャー(しょうが)です。 





ジンジャー + シナモン + レモングラス  



または 



ジンジャー + シナモン +カルダモン 





をお湯に10分程度浸け、 



その後濾し、お好みで蜂蜜を足して飲むと 



風邪の諸症状緩和に役立ちます。 





ただ、ピッタの影響による激しい喉の痛みや高熱がある場合 



上記のレメディーは見合わせた方が良いでしょう。 



抗炎症効果のあるターメリックと塩でうがいをしたり、 



蜂蜜をなめて喉を保護し、 



高熱があるうちは出来るだけ固形物を食さないようにして 



スムースな解熱を促しましょう。 







============================= 



□トラディショナルアーユルヴェーダライフアドバイザー養成講座 



アーユルヴェーダセラピストが果たす役割は 

「インド式オイルマッサージ」を提供するマッサージャーではなく 

クライアントさんの心身を健やかに整え、 

真の癒しを提供してていくべきだと考えます。 

アーユルヴェーダ理論を古典から深く理解し、 

生活法、食事法について熟知し、また優れたカウンセリングを提供できる 

専門家を養成します。 





資料配付は7月1日から。 



※お問い合わせフォームより、 



・お名前 



・ご送付先住所 



・お電話番号 



をお書き添えの上資料請求をしてください。 



http://ayurveda-taj.com/contact 



============================= 







風邪のレメディをご紹介しましたが 



風邪をひいたとき、最も大切な事は 



「休息」 



です。 



身体を冷やさないようにして、十分な睡眠をとってください。 





間もなくやって来る夏を満喫する為にも 



体調を崩しやすいこの時期には無理をせず、 



常に消化の状態には気を配り 



余裕のあるかたは是非ラサヤナ(滋養)を。 



ラサヤナについては、次回メルマガでお伝えしたいと思います。 





本日も最後までお読みいただきありがとうございました。 



Traditional Ayurveda Japan 

田島恭子 





◎配信停止はお手数ですがこちらからお手続きお願いします。 

⇒(バックナンバーのため省略) 







正しい技術と知識、知性と献身を備えた 

セラピスト/プラクティショナー養成のアーユルヴェーダスクール 



http://ayurveda-taj.com 



公式facebook ページ 

http://www.facebook.com/traditionalayurvedajapan 



公式twitterアカウント 

https://twitter.com/ayurveda_jp 



△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ 



トラディショナルアーユルヴェーダジャパン 

代表 田島恭子 



〒251-0042 

神奈川県藤沢市辻堂新町1-2-23 プリメロ湘南601 

TEL:0466-37-3307 

email:info@ayurveda-taj.com 



△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

Pocket