アーユルヴェーディックアナトミー勉強会 第2章〜3章

Pocket

AYURVEDIC ANATOMY STUDY GROUP 
アーユルヴェーディックアナトミー勉強会 第2章〜3章

 

アーユルヴェーディックアナトミー勉強会AYURVEDIC ANATOMY STUDY GROUP アーユルヴェーディックアナトミー勉強会第2章〜3章


今年2〜3月にかけて開催した勉強会を再開します。
毎週水曜日に藤沢のラボで開催します。

概論である第1章を終え、具体的な項目にはいります。

続く第2章Paribhaasha Saareera では、身体を構成するパーツ別にその定義をみていきます

そして第3章Garbha Saareera は胎生学的に身体をみます。

使用テキスト:
アーユルヴェーダを学ぶ際に人間の解剖生理学を理解することは欠かせません。解剖学により人間の肉体構造を知り、生理学により生理機能を理解していきます。古代インドの賢人達、アーユルヴェーダ医師たちが見ていた人体構造は少々ユニークです。
現代解剖生理学の知識のもとに、アーユルヴェーディックな解剖生理学を古典の中で学ぶことで新らしい人体構造や機能が見えてきます。勉強会で使用するテキストは、インドB.A.M.S(Bachelor of Ayurvedic Medicine and Surgery)過程の学生たちが古典学習を進めていく際に系統立てて学ぶための副読本です。

その日学ぶページをPDFで配布します。
 

勉強会で扱うトピック(予定)

第2章
-Koorca
-Kandaraa
-Jaalah
-Asthi-Samghaatah
-Seemanta
-Sevanee 
-Rajju 
-Laseekaa

第3章
-Intro
-Garbhaの定義
-Sukra Niroopana(男性生殖細胞について)
-Aartava Niroopana(女性生殖細胞について)
-Garbhaadhaana(受精について)
-受精卵の発育とトリドーシャ、パンチャマハブータ
-Beeja, beeja-bjaana,beejabhaagaavayava
-胎児の性別決定
-胎児の発達段階
-胎児の形成&発育要素
-胎児の栄養学
-胎盤の生成
-へその緒
-臓器の形成

 

開講概要

開催日時:

11月9日(水)から毎週水曜 (全6回予定)

時間:13:30~15:00

会場: 神奈川県藤沢市 トラディショナルアーユルヴェーダジャパン 
(小田急線藤沢本町駅 徒歩4分)
参加料金: 1回2,500円
*テキスト(日本語&英語)はPDFファイルにて配布します。
ガイド:
アーユルヴェーダ実践者育成講座田島 恭子 Kyoko Tajima
Traditional Ayurveda Japan代表
インド政府機関BSS認定パンチャカルマセラピスト


北里大学看護学部看護学科3年で中退後、真のヒューマンケアを求め渡米。 西洋医学の現場に求めていた理想を見つける事が出来ず帰国。
その後、約15年に渡り音楽業界に身を置くが、オーバーワークにより不調をきたしたことをきっかけに、ヨーガ、マクロビオティック、自然農法などに出会い自然との調和のなかに生きることを決意。 リラクセーション整体、リフレクソロジー、レイキなどを習得後、アーユルヴェーダと運命的に出会い、古代から伝わるホリステックな自然医学に長年の理想を見いだす。
2007年、南インド・ケララでの研修を経て、神奈川県藤沢市にアーユルヴェーダ専門サロンをオープン。アーユルヴェーダホスピタルと提携した本格的なトリートメント施術に加え、日常使いのアーユルヴェーダ的アドバイスが人気となり、2ヶ月先まで予約の取れないサロンとして知られるようになる。カルチャースクールや企業などでも各種入門セミナーをおこなう。
現在では伝統的なインドの叡智、アーユルヴェーダから現代日本人に必要なことを伝えるべく、アーユルヴェーダセラピスト、指導者育成に力をいれている。
お申し込み: info@ayurveda-taj.com
Pocket