2018年夏 南インド アーユルヴェーダリトリート Part 1

Pocket

すっかり恒例になった夏の南インド アーユルヴェーダリトリート@SDJ AYURVEDALAYA。

一年中過ごしやすい気候のAnaikatti,Tamil Nadu
 

今回は現地滞在10日間の日程での催行となり、

決定当初は「10日間は休めない」「お盆期間だから参加できないのでなんとか日程を調整して欲しい」
というリクエストが相次いだため、

日程の設定が二転三転したり、 参加人数が少なくなることを見越して私の同行は無しの方向で準備を進めていました。

10日間滞在中はトリートメント受ける以外何もしません。 (私が行けないので)レクチャーもしません。

と何もない宣言しているのに、まさかのお申し込みラッシュ。

あれれ???

そして、私の中にあった

日本人はあまり休めないからコンパクトな日程で。

インドに行くなら何か他で体験できないことを特別なことをセッティングしないと。

なるべくコストがかからないようにコーディネイトしないと。

との、思い込みがあっけなく塗り替えられる。


ご参加のみなさんは「何もしない10日間、それでオッケー!!!ノープロブレム!!!」と。

そして幸運なことに私も同行させていただける条件まで揃ってしまいました。


何もしない、で自動的に滑り出し、出だしから「普通じゃない」「いつもと違う」スタートでした。

(男性参加者3名もいらっしゃってくださったのもTAJはじまって以来!)


そして、施設に行く前々日にコインバトールの中心地に各地から無事集合。

自己紹介もせぬまま、みなさん「勝手に」打ち解けて仲良くなっています。

表情にまだ緊張感のある初日


ただ私が、TAJが、ここ素敵なのよ〜ときっかけと場所を提供し、みんなが自然に繋がって動いている。

あれ?なんか既に最高?と盛り上がる(笑)

ここから10日間の施設滞在でどんなドラマが生まれはじまっていくのか。

ショッピングを楽しみ、ワインで乾杯。


アーユルヴェーダトリートメントを受ける前の宴は深夜まで続きました。 (写真自粛・・・)




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

9月よりスクールリニューアル

ここでしか学べないココロで身体の声をきくアーユルヴェーダ

Traditional Ayurveda Japan の新プログラム

Pocket