人生の目的पुरुषार्थ Puruṣārtha プルシャアルタ

Pocket

以前も少しブログに書いたのですが、、

アーユルヴェーダの基礎講座をおこなうときに必ずお話する

पुरुषार्थ Puruṣārtha プルシャアルタ

について。

purushartha-postcards-pic1_720

アーユルヴェーダに限らず、ヒンドゥーイズムの中心になるコンセプトなので、ヨーガを実践される方にも馴染みの深い概念だと思います。

アーユルヴェーダは身体を健康に保って、それを維持して、長寿を全うするための学問ですが、そもそも何のために健康に長生きするのか?
というところ。

धर्मDharmaダルマ、आर्थ Artha アルタ、काम Kama カーマ、मोक्ष mokṣaモークシャ

これら4つの目的を達成するために。という部分です。

私も色々な学校や先生、アーユルヴェーダ医師から授業を受けてきましたから、ここが重要、ということは重々承知していましたし、納得したつもりでいました。
ですが、通常授業でこの部分を説明するのは長くても30分くらい?特にアーユルヴェーダの授業ではサラッと読み進んでしまう先生が多かったです。

今、ヴェーダーンタの勉強を通じて日々पुरुषार्थ Puruṣārtha プルシャアルタ
についての理解を深めているところなのですが、、
そんなサラッと読み進める場所ではありませんでした。

繰り返し繰り返し、毎日様々な角度から、ダルマについて、アルタやカーマ、そしてモークシャとは、、と学び続けています。

正直、現代のアーユルヴェーダ実践の中に(日本だけでなくインドを含めた全世界的に。。)この部分との繋がりがうまくできていないことが多い気がします。

治療概念、食事法、生活法、薬の処方という知識だけを取り出して、現代に使えるようにする、ということは盛んに行われていますが、そもそもアーユルヴェーダがどんな場面で何のためにその知識を体系化させてきたのか。

アーユルヴェーダはधर्मDharmaをベースにしていますから、、、
ここへの理解を深めていくことがアーユルヴェーダ実践を現代において良い方向へ進めていく一つのキーに違いありません。

憶測や自己の考えを織り込んで解釈するのではなく、まず正しく知ること。そこからようやく如何に「活かす」のか、というところに繋がるのだと思います。



⭐︎サンスクリット語から学ぶアーユルヴェーダの基礎

アーユルヴェーダを学ぶ際に必須の専門用語はサンスクリット語です。サンスクリットを英訳し、それを日本語訳にすることで本来の意味が失われていることが多々あります。
本などを読んでもなかなかしっくりこない、ということがあれば用語のもつ意味を見直してみるといいかもしれません。
本年から始まる基礎講座は、古典を勉強する人にはもちろん、アーユルヴェーダを正しく理解したい人にはぜひご参加いただきたい講座です。

http://www.ayurveda-taj.com/ayurveda-school/sanskrit

⭐︎アーユルヴェーディックアナトミー勉強会

アーユルヴェーダを学ぶ際に人間の解剖生理学を理解することは欠かせません。解剖学により人間の肉体構造を知り、生理学により生理機能を理解していきます。古代インドの賢人達、アーユルヴェーダ医師たちが見ていた人体構造は少々ユニークです。
現代解剖生理学の知識のもとに、アーユルヴェーディックな解剖生理学を古典の中で学ぶことで新らしい人体構造や機能が見えてきます。

https://www.facebook.com/events/835829869863244/

 

Pocket