アーユルヴェーダ生活:足裏刺激のススメ

Pocket

日頃お寄せいただくご相談に、眠りに関するお悩みが多くあります。


-眠りが浅い、寝つきが悪い

-朝起きた時に疲労感が残っている

-日中眠気におそわれる


などなど。。


眠りは私たちの心身バランスをとるためにとても重要。



心身のリセットと滋養、そして免疫力を高めるために、質の高い睡眠を毎日得られるようにしたいものです。


なぜこれほどに睡眠に関するお悩みが増えているのか。

様々な要因があると思いますが、

端的にまとめると

感覚器官や行為器官の正しい使い方ができていない

ということだとわかります。


感覚器官(目、耳、鼻、舌、皮膚)が外部情報を得て正しく認識するために

行為器官(手、足、口、生殖器、排泄器)は必要なニーズを満たすために

正しく使うこと
、とアーユルヴェーダ文献で教えられています。


眠りという生命維持に欠かせない機能は、私たちの心身全ての状態が反映されます。

使いすぎず、使わなすぎず、間違わずに

正しく感覚器官を使い、行為器官を使うこと。

それが眠りの質を決めます。


その中でも、行為器官である足の一部である足裏は、脳とつながるとされ、

適切に足裏が刺激されることで、自律神経が整い、眠りの質が高まるとされています。

インドでは、足裏を金属のお皿を使いオイルをつけて擦る健康法が昔からありますが、

日本にも、青竹踏みなど、足裏刺激健康法がありますね。

「歩く」ことでも足裏を刺激することは可能ですが、靴を履いてしまうとなかなかダイレクトに足裏に刺激を伝えにくいので、1日に一度は裸足になり足裏に刺激を与えてみましょう。

 

自分でできるオイルマッサージやリフレクソロジーなどでも良いですし、小さなゴルフボールを足裏に当ててみてもよいし、タオルで軽く擦ってみてもよいです。

最近ではアーシングといって裸足で芝生の上に立ったり歩いたりすることの心身へのよい影響が研究されていたりしますね。

アーユルヴェーダでも、この方法が特定の心身状態を鎮める、と紹介されています。


睡眠の質を高め、心身のコンディショニングのために

感覚器官と行為器官を正しく使い、足裏を適度に刺激する毎日を心がけてみましょう。


**********************************************
各種講座開催予定


【初級講座】アシュターンガフリダヤ第1章を徹底的に学び基礎を構築

​※ZOOMを利用した初級通信講座が始まりました。ご都合に合わせてご受講いただけるシステムです。
ビデオ学習+個別のオンラインプライベートクラスが用意されているので安心して学んでいただけます。
詳しくはお問い合わせください。

【実践講座】アビヤンガホームセラピスト養成講座 
◇11月28日より毎週火曜 13:30~17:30 全3回 満席
◇12月15日 17日 30日 午後クラス ( 残席 1)
◇2018年1月12日&13日 2日間集中 満席
​会場:藤沢ラボ


【専門講座】ベビーケア&マッサージ指導者養成講座 
11月5日(日)&6日(月) 2日間集中 (残席 1)
12月5日(火)12月8日(金)12月12日(火)12月16日(土)10:00~13:00 (残席 2)
​会場:藤沢ラボ

【専門講座】新 セルフマルマアビヤンガ指導者養成講座
​1月16日(火)30日(火)2月6日(火)13日(火)10:00~12:00 (残席3)
1月16日(火)30日(火)13:00~17:00 (残席 1)
​会場:藤沢ラボ

【専門講座】カウンセリング基礎講座

11月23日(木)より毎週木曜 10:00~11:30 &13:00~14:30 (残席4)
​会場:ZOOMクラス(録画もあり)

2018年1月8日〜11日 10:00~17:00(残席4)
会場:藤沢ラボ








 

Pocket