アーユルヴェーダ養成講座

Pocket

TAJアーユルヴェーダ養成講座の特徴

アーユルヴェーダの基本となる理論から実践まで、少人数制(1~5名)で丁寧にお伝えてしています。
アーユルヴェーダ文献を受講生の理解度、習熟度に合わせて解説をつけ日本に適用させる為の様々な考察を行い、実践へと繋げています。


Traditional Ayurveda Japanのミッションとヴィジョン 

伝統的なアーユルヴェーダやヴェーダの学びから社会、家庭、個人の健康維持、増進へのサポートをしてゆくこと

社会貢献のできる人間性の豊かな人材、アーユルヴェーダセラピスト、講師を育成すること

・消費する価値観から循環させる価値観へ 〜環境や生態系への配慮を欠かさない

2007年から本場インドの由緒あるアーユルヴェーダ施設との提携による養成講座を開催してきました。
受講生のニーズにあわせカリキュラムは常に更新されてきましたが、10年前から変わらないのは、妥協なく伝統的なアーユルヴェーダ伝承の学びを日本に再現させていることです。

少人数制で個別のニーズにあわせた各種養成講座は選択制になっているため、無理なく必要な学びを進めていただけます。

アーユルヴェーダを学びたいという皆さんを最初の1歩から専門家として独立するまで、そして、独立後も更なる学びを継続していただけるようサポートいたします。 

 

代表紹介

田島 恭子 Kyoko Tajima
Traditional Ayurveda Japan代表
インド政府機関BSS認定パンチャカルマセラピスト


北里大学看護学部看護学科3年で中退後、真のヒューマンケアを求め渡米。 西洋医学の現場に求めていた理想を見つける事が出来ず帰国。

その後、約15年に渡り音楽業界に身を置くが、オーバーワークにより不調をきたしたことをきっかけに、ヨーガ、マクロビオティック、自然農法などに出会い自然との調和のなかに生きることを決意。 
リラクセーション整体、リフレクソロジー、レイキなどを習得後、アーユルヴェーダと運命的に出会い、古代から伝わるホリステックな自然医学に長年の理想を見いだす。

2007年、南インド・ケーララでの研修を経て、インド政府機関BSS認定パンチャカルマセラピストディプロマ取得。神奈川県藤沢市にアーユルヴェーダ専門サロンをオープン。アーユルヴェーダホスピタルと提携した本格的なトリートメント施術に加え、日常使いのアーユルヴェーダ的アドバイスが人気となり、2ヶ月先まで予約の取れないサロンとして知られるようになる。2017年現在、アーユルヴェーダセラピー施術数は延べ約1,200名。

サロン併設のセラピスト養成講座からスタートし、2009年にトラディショナルアーユルヴェーダジャパン設立、現在までに各種講座受講者数は延べ1,500名を超える。

1年に1〜2回は自ら渡印(10回以上の渡印歴)しアーユルヴェーダ伝承医による施設や、アーシュラム訪問などと通じ、古典文献から現地で行われるBAMSドクターコースの聴講、治療現場実習など、幅広くアーユルヴェーダの学びを継続し続けている。伝統的なインドの叡智、アーユルヴェーダから現代日本人に必要なことを伝えるべく、アーユルヴェーダセラピスト、指導者育成に力をいれている。

2013年、初の著書である「女性機能を高めるアーユルヴェーダ式家庭料理」を発刊。
日本人に合わせた身体と心と魂を調和させるアーユルヴェーダ自然食療法を研究、伝えている。

田島恭子ブログ

Facebookページ


原稿執筆、記事監修履歴:
Yoga Journal、Yogini、Figaro Japon、In red、Fadge、翼の王国ほか

企業内研修、商品開発アドバイス、外部セミナー:
湘南カルチャーセンター様、湘南台カルチャーセンター様、横須賀カルチャーセンター様、株式会社SUPLUS様、藤沢カリフォルニアヨガルーム様、町田リップルズ様、名古屋ヨーガ療法士グループ様、大分別府Benefit for you様 他多数


田島恭子への企業内研修、講演、取材依頼などはお問い合わせフォームからお願いいたします。

 

アーユルヴェーダお問い合わせ

Pocket