アーユルヴェーダとは

Pocket

アーユルヴェーダとはサンスクリット語で「生命の科学」を意味します。

神から人類の為に伝えられた、と言われ、世界最古、最も包括的な医療体系です。
その歴史は5000年とも言われ、アーユルヴェーダは病気を治すだけではなく、自然と共に生きていく知恵でもあります。

アーユルヴェーダは、生命(人生)にとって正しい事や正しくない事は何か、幸福な状態や悲しみの状態とはどんな状態であるのか、そして、生き方そのものを示します。

また、アーユルヴェーダは、健康と病気について、人体におこるバランスとアンバランス、アンバランスした状態をどのようにバランスさせ、回復に導くかという知識を体系化して適用しています。

人間の身体は、ドーシャ(身体機能を生じさせる要素)と、ダートゥ(身体組織)、マラ(老廃物)によって成り立っていると考えます。

身体を構成する基本エネルギーを「ドーシャ」といい、精神活動、身体活動を統治します。
ドーシャには以下の3つがあります。
 

  • VATA (ヴァータ):身体の運動や神経作用を起こす

  • PITHA (ピッタ):身体に熱を与え血液循環機能、酵素とホルモンを分泌、知力を与える

  • KAPHA(カファ):身体強度、なめらかさ、強さ、忍耐など、結合・同化作用を起こす



人間は誰もがこの3つのドーシャをもっていて、そのバランスによって体質や個性が決まるといわれています。
誕生時のドーシャバランスがその人にとっての本来のドーシャバランス「プラクルティ」(サンスクリット語で自然の意味)と考え、このバランスが崩れることで様々な不調や病気が引き起こされます。
 

アーユルヴェーダにおいて、人が健康を害する、病気をするというのは、ドーシャのアンバランスから、心身にアーマ(毒素・未消化物)が溜まる事が原因と考え、このアーマを体外へ排出することで、病気や不調症状を緩和し、健康を維持してゆきます。
 

アーユルヴェーダによれば、健康とは、苦悩や病気から解き放たれる状態というだけでなく、物理的妨害を受ける事無く、精神的で霊的な幸福と遂行を楽しむ状態であると考えます。
 

ここ最近、アーユルヴェーダはインドのみならず諸外国でも知られる様になってきました。これはアーユルヴェーダの薬や治療法が身体に優しく色々な病気の治 療に効果を発揮しているという実例に基づきます。アーユルヴェーダの治療法は病気を根本から治すので病気が再発しないという特徴があり、世界中の人々が アーユルヴェーダのヒーリングパワーを認識し、注目しています。
 

アーユルヴェーダのもう一つの特徴として、ほとんどのトリートメントは病気の人にだけではなく、健康な人にも行えるという事です。同じトリートメントでも病気の人に対しては治病を、健康な人に対しては健康維持・強化になります。
 

Pocket